auひかりが開通するまではWiFiレンタルで乗り切るのがおすすめ

MENU

開通までに長いと2ヶ月以上かかる場合も

固定回線は工事が必ず必要なので、電柱の所有者に許可を取ったりNTTとの打ち合わせがあったりとどうしても時間がかかります。早くて2週間、長いと2ヶ月以上かかる場合もあります。

 

したがって、申し込みのタイミングによってはauひかりが開通するまで自宅にネットがない状況になります。この状況は困りますよね?

 

ネットが無い期間をWiMAXやワイモバイルで開通までの間固定回線の代わりとして使うことができますが、最低でも2年間(ワイモバイルは3年)の契約が必要になります

 

また、月額料金が3,696円~4,380円の固定料金なので、使わなくても必ず毎月4,000円前後かかります。もちろん途中で解約した場合は解約料金が発生します。

 

昔は開通までの間モバイルWiFiルーターを貸し出してくれる代理店もありましたが、今はもう存在しません…

 

そこで、おすすめしたいのがモバイルWiFiルーターのレンタルサービスです。

 

当サイトでは1日単位でレンタルできて、初期費用なし、解約料金なしのWiFi東京をおすすめしています。

WiFi東京をレンタルするのに必要なもの

支払い方法はクレジットカードと銀行振り込みに対応しています。クレジットカードなら本人確認書類がいりませんが、銀行振り込みの場合は本人確認書類として運転免許証や保険証のコピーが必要です。

 

また、銀行振り込みは保証金として15,000円が必要です。WiFiルーター返却後に振り込み手数料を差し引いた金額が振り込まれます。

WiFiが届くまでの時間と返却方法は?

17時までに申し込めば、最短翌日で手元にWiFiルーターが届きます。※土日祝日は休業日となっているので、土日祝日の申し込みは翌営業日から発送されます。

 

WiFiルーター到着日がレンタル利用開始日となります。返却はレンタル期間最終日の翌朝8時までにポストに投函すれば大丈夫です。

WiFi東京のレンタル料金

通信キャリア 機種 通信速度 レンタル料金
ワイモバイル 502HW 187.5Mbps 1日500円

15日4,000円
60日6,500円

レンタル料金とは別にWiFiルーターの送料として1,000円かかります。返却用のレターパックが付いてくるので、返す時はポストに投函するだけでOKです。

 

レンタルできるWiFiルーターはワイモバイルの502HWです。WiMAXと比べてエリアカバー率と建物内への電波の通りが良いので繋がりやすいです。

 

レンタルは1日単位で出来て、延長することも可能です。

 

延長する場合は返却予定日までに連絡することで通常料金で延長できます。万が一、連絡なしでの延長、WiFiルーターの返却を行わない場合は1日あたり2,000円請求されるので気を付けてください。

 

WiFi東京公式サイトへ