auひかりホーム X V

MENU

下り5GBPS超のauひかり新サービスがスタート

auひかりVX

通信速度にこだわりがある人に大人気のNURO光。
家庭用の光回線で下り2GBPSは世界最速でした。

 

そう、auひかりが新サービス「超ひかり」を始めるまでは……

 

2018年3月1日からauひかりは戸建て向けサービス(集合住宅は残念ながら今のところ対象外)としてauひかりホームV(ファイブ)とX(テン)を開始しました。

 

名前の通り従来のホームタイプが下り最大1Gbpsなのに対して5倍の5GbpsがV(ファイブ)、10倍の10GbpsがX(テン)となっています。

 

対象エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の一部です。ちなみに、すでにauひかりユーザーの方も対象エリアに入っていればホームゲートウェイやONUを交換するだけで大丈夫なので工事不要です。。交換手数料も今のところ無料です。

 

既存のauひかりユーザーはお近くのauショップかauひかり公式サイト上で申し込めます。

気になるauひかりホームVとXの月額料金は?

プラン 月額料金
V 5,600円(2年目5,500円、3年目以降5,400円)
X 6,380円(2年目6,280円、3年目以降6,180円)

理論値の速度が5倍になるからと言って月額も5倍になるわけではなく、通常の月額料金にVなら500円、Xなら1,280円が利用料として加算されます。

 

ただ、3年契約のずっとギガ得プランに加入することで、毎月500円割引(超高速スタートプログラム)されるので、Vは実質0円、Xは780円で使えます。上の表の月額料金はずっとギガ得プラン適用後の金額です。

 

また、割引が終了した4年目以降はauスマートバリューに加入していれば、引き続き同額の500円が毎月割引されるので、同じ料金でずっと使い続けられます。

auひかりホームVやXを提供可能なプロバイダは4社

3月現在、VとXを提供中なのがau one net、BIGLOBE、So-netの3社で、@niftyが4月上旬に提供開始予定となっています。

 

メジャーなプロバイダが最初から対応しているので、他社回線を利用していて乗り換えを検討中の方も安心です。

VやXに加入してもキャンペーン特典は同じようにもらえる

こういった次世代サービスが始まると、最初はお得なキャンペーンを実施しないでもアーリーアダプターの人が飛びついてくれるので、サービス提供側としては特典を用意してなかったり、対象外にしているところが多いです。

 

そんな中、auひかりはVとXどちらも通常のauひかり入会キャンペーンがちゃんと適用されるので安心です。

 

あとはあなたの住んでいるエリアがサービス提供エリアかどうかが問題なだけです。

 

⇒auひかりホームVやXのエリア検索はこちら