一人暮らし 光回線 WiFiルーター

MENU

一人暮らしにおすすめなのは光回線?それともWiFiルーター?

一人暮らしでは当然ネットを使う人は住んでいる人ただ一人だと思います。
そこで一人暮らしには光回線とWiFiルーターどっちがおすすめか書きました。

あなたのネットの使うメインシーンは家?外?

まず光回線は必ず工事が必要で、工事した場所でしかネットが使えません。対してWiFiルーターは工事不要で電波が入る場所ならどこでも使用可能です。

 

ここで、外で使うならWiFiルーター一択と思われるかもしれませんが、今はWiFiスポットが増えてきているので、外は有料のWiFiスポットを契約してカフェなどでネットを使うという人も増えてきています。
したがって、今までの外で使うならWiFiルーター、家で使うなら光回線という状況が変わりつつあります。

ポイントは使用量の多寡

どちらがおすすめかはネットの使用量によります。WiFiルーターで一番人気のWiMAXもWiMAX2+において3日間で3GB以上使うと速度が1Mbps程度に低下する制限が始まってしまいました。WiMAXはまだマシな部類でワイモバイルやdocomoは制限量まで達するといきなり128kbpsまで低下してかなーり遅くなります。無制限で使えるWiFiルーターは絶滅してしまいました。

 

光回線なら使用量による制限は一切ありません。夜間混雑時のトラフィック(通信量)増加にともなう速度低下はありますが、WiFiルーターみたいなまともに使えない速度までは低下しません。

 

通信量の目安としては月7GBと上の3日間で3GBがターニングポイントです。この数字を超えるようなら自宅は光回線にして、外は有料のWiFiスポットの利用をおすすめします。

 

光回線はWiFiルーターと比べて高いイメージがあるかも知れませんが、一人暮らしの人はマンションやアパート住まいがほとんどだと思います。光回線でもマンションタイプなら3,000円台で使えるので、WiFiルーターと変わりません。さらにauひかりならフレッツ光よりもさらに安くなるのでお得です。

 

auひかりはもともと安いのにくわえてスマホセット割があるので、通信費がさらに節約できます。WiMAXでもスマホセット割はありますが、auひかりよりも毎月500円少ない割引額となっています。

まとめ

工事がどうしても嫌だという人以外は光回線を選んだ方が結果的に満足度が高い、通信費も安くなる傾向になってきています。