auひかりスタートサポート 違約金負担

MENU

現在契約しているネット回線の違約金を最大3万円まで負担

auひかりへ乗り換えを検討中の方は現在契約中のネット回線の解約料金が気になると思います。

 

乗り換えればお得になることは分かっていても、わざわざ解約金を払ってまで急いで乗り換える必要は無いと思っちゃいますよね。

 

そんな中、auひかり提供元のKDDIが乗り換え促進のキャンペーンとしてauひかりスタートサポートを始めました。

 

auひかりスタートサポートはフレッツ光やADSLなどの固定回線やWiMAXやワイモバイルなどのモバイルWiFiルーター(機種代金残りは除く)を利用中の方の契約解除に伴う違約金を最大3万円負担するものです。

他社回線乗り換えでも違約金負担対象外になってしまうネット回線

auひかり以外からの乗り換えでも残念ながらauひかりスタートサポートの対象外になってしまうネット回線があります。

 

それはケーブルテレビ系のネット回線と電力系の光回線(eo光やコミュファ光)です。元々KDDIと関係が深いところなので、あえて負担金を出してまで乗り換え促進を行わない事情があります。

違約金負担の具体的な中身

マンションタイプはどのプロバイダを選んでも最大30,000円負担ですが、ホームタイプだけ選ぶプロバイダによって負担額の上限が変わるので注意が必要です。

 

ホームタイププロバイダ別違約金負担額

住居タイプ プロバイダ 負担額
ホーム @nifty

@TCOM
au one net
So-net

30,000円
ホーム ASAHIネット

BIGLOBE
DTI

15,000円

違約金負担の還元方法ですが、10,000円までは郵便為替での受け取りかauWALLETプリペイドカードへのチャージとなります。

 

10,000円を超えた分は毎月の通信料金から1,000円割引となります。たとえば、30,000円負担なら20,000円分が1,000円×20ヶ月割引として適用されます。

違約金負担の適用条件は3つ

  1. 他社回線からの乗り換え+auひかりとひかり電話と電話オプションパック加入
  2. ホームタイプ36ヶ月、マンションタイプ24ヶ月以上の継続利用
  3. 開通後7ヶ月以内に違約金請求書コピーと申請書の送付

まず、ネットに加えてオプションのひかり電話と電話オプションパックに加入する必要があります。ひかり電話と電話オプションパックはそれぞれ月500円ずつです。ただ、この2つは後から解約することも可能です。

 

次に所定の契約期間ですが、これはネット回線や携帯電話でお馴染みの縛りです。入会特典のキャッシュバックの条件にもなっています。

 

最後に手続きの期限です。上2つの条件を満たしていても、手続きをしなければ無効になってしまいます。申請書はこちらのPDFをダウンロードして使用します。記入して契約していたネット回線の違約金明細書のコピーを添付して送ります。送るための封筒は自分で用意します。

違約金なしで乗り換えの方もお得になるauひかりスタートサポートプラスが登場

スタートサポートプラス

6/1~7/31までの期間限定で解約料金なしでauひかりへ乗り換えの方も対象のauひかりスタートサポートプラスが始まりました。

 

具体的な内容は通常のスタートサポートの違約金最大30,000円(マンションタイプは20,000円まで)負担に加えて、月額料金1,000円割引×12ヶ月と電話オプションパック料金(500円)無料×12ヶ月がついてきます。

 

適用条件はスタートサポートと完全に同じです。

 

マンションタイプは違約金負担が10,000円少なくなってしまいますが、月額料金割引や電話オプション無料で十分お釣りがきます。ホームタイプなら問答無用でお得です。

 

7/31までの期間限定なので、乗り換えを検討中の方は期限内に決めちゃいましょう。