auひかり 料金

MENU

auひかりのネット料金と光電話とテレビはいくら?

auひかりの料金はプロバイダと回線料金とホームゲートウェイレンタル料金が一緒になっているので分かりやすいです。

 

また、どのプロバイダを選んでも月額料金は変わりません。ただし、一部プロバイダのキャンペーンでキャッシュバックの代わりに月額料金割引を採用しているところがあります。

 

このページではauひかりの通信料金と光電話とテレビの料金についてまとめています。

auひかりのホームタイプネット料金

契約期間が2年のギガ得プランと3年のずっとギガ得プランと契約期間の縛りが無い標準プランの3種類あります。

ギガ得プラン ずっとギガ得プラン 標準プラン

5,200円

1年目5,100円

2年目5,000円

3年目以降4,900円

6,300円

ずっとギガ得プランの方が契約期間が1年長い分、ギガ得プランより安くなります。

 

ホームタイプは工事費の分割払いが30回(30ヶ月)あるので、2年きっかりで解約するのが決まっている人以外はずっとギガ得プランの方がおすすめです。

 

縛りが嫌な方は標準プランが良いなと思われるかもしれませんが、工事費用の37,500円が分割払いであることとプロバイダの入会特典はギガ得プランかずっとギガ得プラン加入が条件になっているので、結果的にかなり損をしてしまうことになるのでおすすめできません。

契約期間内の解約による違約金と期間満了後の違約金がかからない月は?

ギガ得プランの2年未満の解約は一律9,500円、ずっとギガ得プランの3年未満の解約料金は一律で15,000円となっています。

 

最初の契約期間が満了した後は再度同じ期間の自動更新となります。違約金が発生しない更新月は2ヶ月あります。

 

たとえばギガ得プランを2017年1月に利用開始したら、契約更新月は2019年の1月と2月となります。ずっとギガ得プランなら2020年の1月と2月です。

auひかりのマンションタイプネット料金

お住まいがマンションの方は提供タイプが色々あります。どれに該当するかは申し込み時や申し込み前のエリアチェック時に分かります。

 

マンションタイプは2年契約のお得プランAのみで、3年契約のプランはありません。
お得プランAの2年未満の解約は一律7,000円の違約金となります。こちらも更新月が2ヶ月あります。解約しない場合は再度2年更新となります。

提供タイプ 月額料金

タイプV(16契約以上)

3,800円

タイプV(8契約以上)

4,100円

都市機構DX

3,800円

タイプE(16契約以上)

3,400円

タイプE(8契約以上)

3,700円

マンション ギガ

4,050円

マンションミニ ギガ

5,000円

タイプF

3,900円

ほとんどの方がタイプVかタイプEに該当すると思います。マンションタイプは1本の光回線を各戸で分け合うかたちになるので、利用者が増えると速度は落ちてしまいます。そのため、16戸を超えると料金が8戸と比べて少し安くなります。

 

マンションミニ ギガだけ他と比べて割高ですが、これはアパートで採用している方式です。利用者がマンションと比べて少なく速度も速いため、料金も高くなっているわけです。

auひかりの光電話やテレビはいくら?

光電話の基本料金と通話料金

基本料金は月500円です。ホームタイプは工事料金の実質無料の条件に光電話加入になっています。

 

国内通話は3分8円で緊急通報(110や119など)は無料となっています。フレッツ光の光電話と同じです。

必要な機能はオプションで足していく
オプション 月額
割込通話 300円
発信番号表示(ナンバーディスプレイ) 400円
番号通知リクエスト 200円
割込番号表示 100円
着信転送 500円
迷惑電話撃退 700円

必要な機能をオプションで加入して足していきます。ただし、着信転送から上のオプションの合計額が500円を超えたら、請求額がすべて500円になる電話オプションパックが自動で適用されます。

 

たとえば、割込通話と発信番号表示に加入すると700円ですが、請求は500円となります。

テレビサービスの料金と内容

セットトップボックス

専用の機器をレンタルしてテレビに接続します。(HDMI接続になります)レンタル料は月500円です。レンタル料だけで通常562円かかるauのビデオパス(HuluやNetflixのようなサービス)が利用できます。

 

さらに、スポーツやドラマやバラエティなど43チャンネルが見放題のお得なプラチナセレクトパック月1,980円や音楽番組に特化したミュージックセレクトパック月634円などがあります。

 

もちろん自分が好きなものだけを選んで加入することも可能です。

地デジは観られる?

アンテナが立てられない等の理由で光回線で地デジをご覧になりたい方もいらっしゃると思います。

 

しかし、残念ながらauひかりでは対応していません。光回線で地デジをご希望の方はフレッツ光がおすすめです。

料金はどのプロバイダも一緒。じゃあどこで差がでる?

どのプロバイダでも料金は横並びです。じゃあ、どれを選んでも同じと思われるかもしれません。

 

しかし、差がでるポイントはしっかりあります。

 

それは入会特典です。プロバイダごとに独自の入会特典を用意して販促を行っています。

 

内容は初期設定無料からキャッシュバックやタブレットプレゼントなど様々です。プロバイダごとのキャンペーン内容の解説はこちらでしています。